2019/01/30

平成31年1月30日(水) 『変化』

P1290786.jpg








昨日は、松山市高岡町『風舞う家』へ行きますと、大工の福嶋さんが和室の天井化粧板を張っていました。








部屋全体の雰囲気が明るくなるよう、柔らかな杉の白身の板だけを集めて張っていくことで雰囲気を統一させ、かつ、隙間が出来るだけ出来ないよう一枚一枚の板の実同士を噛み合わせ、更に、仕上がり良く綺麗に魅せるよう、釘は隠れる場所へと打ち付けてしっかりと止めていきました。









P1290785.jpg









そして、同じく現場内では、照明担当の済川さんとお施主様によるコンセント・スイッチと照明器具の配置の確認と打合せが行われました。








また、配線工事が終わると図面の中に描かれていた配置が実際に現場へと目に映ることとなりますので、お施主様にも高さなども理解出来ることとなって、もし、不具合と分かれば変更を、もし、不足と分かれば追加を、・・・と、現地にてやり取りがされることとなります。








ただ、これらは四角い部屋だけでしたらイメージもし易いのかもしれませんが、木組みが化粧となる“あらわし”や“真壁”や“作り付け家具”等が存在し、“凹凸”部分が室内に出来上がることにより図面だけではイメージがし難くくなるため、現場にて再三、やり取りがされることも珍しくはないのでしょう。









P1290794.jpg









また、昨日は一部建替え等工事の行われています、内子町内子『内子フレッシュパーク からり』へ行ってきました。








P1290795.jpg







こちらで行われています建前工事も天気が良く、はかどっている様子。








それでも鉄骨と木部の工事が入り交じる複雑な工事のため、慣れた木組みを組むようにその作業は進んではいかないようですが、弊社の木材加工場のすぐ傍ということもあり、道具やフォークリフトも簡単に移動出来、順調に進んでいる感じでした。








IMG_20190129_123003.jpg








そして、からりパークの傍で流れる中山川の向かいにある弊社・木材加工場では、松山市古川西『つながる家』の墨付けが行われていました。









ただ、大工さんの数も限られているため、昨日はからリパークへ建前に行っていたため大工の中山さんによる墨付けが行われていましたが、3月の吉日にはこちらのお住まいも棟上げの予定となっているため、順に刻み作業も進められることとなるのでしょう。










IMG_20190130_093930.jpg








そして、本日は、その『つながる家』の現場へ行ってきました。








現場では水道工事が行われており、内部と外部の配管工事が行われていました。








木材加工場と現場のそれぞれの場所でそれぞれの職人さんが工事を行っているわけではありますが、“完成”へ向けてと“気持ち”を“一つ”として進めていきます。








強い気持ちで、真っ直ぐに。








3月の春風感じる良き日には、確かな“形”が築かれていくこととなるのかもしれません。








そして、本日は、二年前の気持ちの良い春風感じた3月の良き日にお引き渡しを行いました、伊予市上野『みんなの家』へ行ってきました。










20190130_162159.jpg








建物、駐車・駐輪スペース、植栽スペースと綺麗に納まったその外観も2年という時を重ね、こちらの街の風景として馴染んでいるようにも感じました。








建物は自然の雨風や光を浴びることで風化し、木部などの色合いは年月を重ねることで“経年美化”へと、植栽などの草木たちは“地”へとしっかりと根を付かせ、葉などの色合いも落ち着きを見せ始めます。








そして、ご家族の“暮らし”が時と共に、この“空間”へ刻まれることにより、家造りでの出来上がった“形”が更に変化を見せ始めることとなるのでしょう。









さて、変化と言えば。









昨年、お生まれになった3番目のお子さまも大きくなられ、お姉ちゃんたちに大事にされてすくすくと育たれているよう。








そして、この街、この環境、このお住まいにて、たくさんの人たちに守られながら、これからも元気に健やかに育たれていくのかもしれません。









IMG_20190130_161734.jpg


















スポンサーサイト