2018/11/03

平成30年11月3日(土) 『刻む』

PB030684.jpg









本日は、今年の4月にお引き渡しをしました、松山市『刻む家』へ行ってきました。









大工さんの“手”によってしっかりと刻み込まれたお住まい。









そして、今は、表情豊かな庭もそれぞれの部屋もご家族の“暮らし”のスタイルに合わさり、また、近隣の風景にも溶け込んでいるようで、ご家族で過ごす和やかな“時”をしっかりと刻み込まれておられるよう。









刻々と。









寄り道、道草、遠回り。









偶然なのか、必然なのか分かりませんが、選ばれた外壁材は、初めての見学会へお越しいただきご覧になられました、『一つ屋根の下 笑顔溢れる住宅』と同じ、柔らかく優しい表情の素材を選ばれることとなりました。









家づくりまでの時間、家づくりの時間と長い、長い、その時を刻み込んではきましたが、迷うことのなく刻み込まれた記憶と共にずっと歩んでいくのかもしれません。











スポンサーサイト