2018/07/20

平成30年7月20日(金) 『人手』

IMG_20180719_121008.jpg











昨日は、豪雨で被災しました松山市にボランティア活動を行ってきました。










先週の野村町へボランティアへ参加させていただいた際は、早々と受付前からNHKやテレビ愛媛のほか、テレビ局の方々が訪れており現地の状況を伝えられていましたが、昨日の松山の被災地におきましては、各メディアの方の姿はありませんでした。










また、豪雨の被災直後には大きな被災地もあってか松山の状況が流れていたものの、その後は松山市内の被災地の状況や情報が少なく、それどころか今ではほとんど情報が流れていないように感じていましたが、日々の暮らしの中で時折、人から人へと話が流れてきまして地元・松山にもまだ大変な現場があるということを伺いましたので今回のボランティアに参加させていただくこととしました。










そして、今回派遣されました被災現場は松山市の中でも山奥だったのですが、小さな集落ということで災害地範囲が狭く、甚大被害のお住まいが他の被災地域に比べると多くはないとは言え、今回お伺いしたお住まいは池の決壊等により、一部のお住まいは甚大な建物被害となっていました。











それでも、猛暑の中にもかかわらず、ボランティアの方々がたくさん集まり、また一緒になって私も微力ながら復旧作業をさせていただいたのですが、この日までの連日のボランティアの方々の努力も重なり、この日にてこちらの現場の方は無事終了しまして本当に良かったように思います。










そして、松山市内の他の被災場所や県内、県外の被災地もままだまだあるわけなのですが、これから先も大きい“力”、小さい“力”とたくさんの人たちの“思い”が集まることで松山の被災地も少しずつ復興へ向けて進んでいくのでしょうが、まだまだ幅広く甚大な被災状況の緩まない県内を含めても豪雨災害地の再建には“人手”が必要で、多くの人の“気持ち”と“行動”が必要と言えるのでしょう。










一歩、一歩と確実に、たくさんの“思い”と“行動”の“志”を持つ“人手”が集まることで、“一歩”が“百歩”へと変わる“近道”となるのかもしれません。










IMG_20180719_135437.jpg














スポンサーサイト