2018/06/24

平成30年6月24日(日) 『答え』

P6240110.jpg









本日は、松山市今在家『リビングギャラリー 和みの家』にて、第一回 『お手入れ教室』 が行われました。










P6240115.jpg







また、初回の内容は、網戸張りと障子貼りの勉強会でしたが、弊社としては初めてのお手入れ教室ということで、スタッフも一緒に勉強させていただきながらの開催となりました。










P6240122.jpg








講習だけではなく、講師による実演、そして、お客様自ら実施を行なっていただきましての開催となりましたが、ご参加いただきました皆様、それぞれが真剣な表情で、かつ、沸き合い合いと和やかな雰囲気で進んでいったのではないでしょうか。










P6240144.jpg









住宅計画にてイメージを抱き、取り入れることは、図面上や見積書の中から考え易くとも、その作業の手間暇や必要な知識に道具、更に将来的なメンテナンスの理由においては、実践してみなければ分からず。










P6240148.jpg









窓の種類や障子などを採用したり取り入れることに対しての意味もデザイン性や利便性からの見方だけではなく、アフターメンテナンスや実務的な費用に対しての意味合いへの理解もまた異なった角度から映し出されたのかもしれません。











P6240158.jpg









もちろん、これらのお手入れは住み始めてから気付かさせられることがほとんどのなのかしれませんが、“住まい”へと取り入れられるまでに、“知る”か“知らない”かでは、住まいの“快適性”の“裏”に潜んでいる“手入れ”に対する手間暇や“ランニングコスト”への影響も避けられないと言っても良いのでしょう。










P6240165.jpg








・・・かと言っても、様々な、“物”や“手間暇”に対してのコストの掛かり方への理解も必要なのかもしれませんが、それらよりもむしろ、自らが自らの“手”によって、“行う”か、“行わない”か、また、我が“住まい”のために“時間”を費やすか、“時間”を費やさないかは、その住む人たちの“考え方”と言っても良いのでしょう。











P6240172.jpg









本日、ご参加いただきました方々に、“今日”という日がどのように目に映り、またどのように感じられたのかは分かりませんが、採用することに対しての、または、採用したことに対しての、確かな“答え”が導き出されたのかもしれません。










P6240189.jpg








更に、熱く作業をされている方だけではなく、小さなお子様たちも元気に遊ばれて、とても賑やかで活気のある時間が過ぎていきました。











P6240193.jpg








住まいは、生き方。











P6240194.jpg








その言葉が“心”と“体”に響き渡る、暑い、熱い、一日となったのかもしれません。












P6240203.jpg









本日はお忙しい中にもかかわらず、たくさんのお客様にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。















スポンサーサイト