2018/02/28

平成30年2月28日(水) 『和』

IMG_20180228_090124_convert_20180228191553.jpg










本日は、松山市平井町『繋がりの家』へ行ってきました。









外壁が全て焼き杉にて張られ、黒一色の中に木部のラインが現われるデザインのこちらのお住まい。









黒色の家の形と共に破風板や庇などのラインが浮き出し、大屋根を強く惹きつける“和”の形を現しています。











IMG_20180228_090058_convert_20180228191450.jpg









ただ、施工現場の方は焼杉の焼きっぱなしの材の加工はなかなか手間が掛かり、墨を付けるも切る作業も一苦労で、特にサッシ部など凹凸のある場所の加工に時間が掛かることとなります。











IMG_20180228_085147_convert_20180228191215.jpg









それでも、大工の福嶋さんは現地の寸法を取ったり、型を取ったりと丁寧にその作業を行い、外壁張りを行っていました。











IMG_20180228_085354_convert_20180228191346.jpg









また、大工の上田聖くんは、内部の化粧梁などに差し付けられた栓木を綺麗に切り取り、面(角)を取る作業を行っていました。









構造材の化粧部が多ければ、材そのものも良いものとして仕上げもしておかなければなりませんが、このような仕上げの段階でもまた一手間が掛かることとなります。










ただ、その一つ、一つの丁寧に手間をしっかりと掛けていくことで、繊細、かつ、まとまりある“和”の形が出来上がっていくこととなるのかもしれません。









さて、本日にて2月も終わるわけですが、私にとっては何かとバタバタで騒がしく、内容の濃く、なかなか逃げていかない2月に感じました。









ですので、2月は「逃げる」2月とは言われているものの、今年の2月は私にとってそうとも感じませんでした。








そして、明日より「去る」3月と言われる3月に入りますが、さて、どうなることでしょうか?













スポンサーサイト