2018/02/12

平成30年2月12日(月) 『長い』

2018021200.jpg









本日は、松山市『刻む家』へ行ってきました。










2018021202.jpg









内部の方では大工さんが一階と二階に分かれ工事の方をされており、二階では杉板仕上げの勾配天井が出来上がっていました。










2018021201.jpg









また、大工の松本雄くんが長い鴨居に溝を付ける作業を行なっており、現地へと運ばれて納められることとなります。










2018021203.jpg









続いて、松前町西古泉『身家不二の家』へ行ってきました。










2018021204.jpg










こちらでは、大工さんたちにより家具や石膏ボード張り工事などが行われていました。










2018021205.jpg









また、大工の松浦くんはダイニングの障子戸当たり部の方立を入れており、順に納めて、こちらも長い鴨居が取り付けられることとなります。









どの現場も順序良く、出来上がりの時には綺麗な納まりと仕上がり具合となっているよう、その作業は丁寧に進められていくこととなるのでしょう。










さて、最近は雪の降る寒い天気が続くことが多いものの、太陽の昇っている時間は日に日に長くなっているように感じさせられます。









そうなると、木の芽が開き始めることとなるのですが、当然に花粉の方も飛散し始めることとなるのでしょう。









私自身も毎年、悩まされ続けている花粉症ではありますが、今年の春は杉の花粉の飛散が多いのかどうかは分かりませんが、早目の対策が必要なのかもしれません。





















スポンサーサイト