2018/01/23

平成30年1月23日(火) 『重さ』

P1229898.jpg









昨日は、松山市『刻む家』へ行ってきました。










P1229896.jpg










こちらでは外部仕舞が行われており、先日行われていました三枚引き違いサッシを支える材も綺麗に付けられ、サッシも取り付けられていました。









P1229892.jpg










そして、この日は「そとん壁」の下地となる外部のラス板が張られていました。









この素材はシラス特有の非常に細かい微粒子の中に無数の穴が開いた複雑な構造ということで水を通し難く、また自然素材100%ということで人と環境に良いものではありますが、自然なものであるからこそ下地に確かな寸法と確かな施工をしておくことが大切と言えるのでしょう。









また、この日も大工さんたちは一枚、一枚と寸法と空きピッチを確認しながら下地材を張っていました。










P1229887.jpg









続いて、松前町西古泉『身家不二の家』へ行ってきました。










P1229886.jpg








こちらでは、先日に作成が行われていました桧の階段が出来上がっており、きちんと養生の方がされていました。









P1229881.jpg








また、この日は、大工の松本義くんが階段下の収納の下地を組んでいたのですが、このような階段下の空きスペースは滅多に使わないようなものを入れるように出来ることもあり、暮らしの有効的な空間利用と言っても良いのでしょう。








どの現場も寒い一日ながらも駆け抜けるように現場の方は進んでいると言っても良いのかもしれません。








駆け抜けると言えば・・・。









IMG_20180121_104540.jpg









一昨日は、内子町駅伝競走大会が行われました。










私は、昨年に引き続き、監督ということで開会式から出ささせていただいたのですが、その際に、今大会に神奈川大学出身であり、1998年の箱根駅伝にて優勝メンバーの一人であり、区間3位を取られた岩原さんがゲストランナーで来られていることを初めて知りました。









そして、今年40才の岩原さんは他の参加チームはすべて7区間を7人で走った中、見事、一人で全体4位の好成績を残されました。









IMG_20180121_132059_1.jpg









そしてまた今年も西渕工務店チームがこの駅伝大会に参加をさせていただきまして、今年は昨年より順位は大きく下げ、32チームある第二部にて16位という成績となりましたが、それでも全員、一生懸命走り切り、タスキを繋げることが出来たのではないでしょうか。










IMG_20180121_133220.jpg










また、大工の福嶋さんや西渕真さん等の応援部隊も駆けつけ、工務店一丸となって頑張れたのではないかと思います。











>IMG_20180121_132657.jpg









そして、参加されたたくさんのチームの方々も日頃からよく見かける顔ぶれやお付き合いのある方が多く、ふれあい多き温かな良き大会となったのかもしれません。










IMG_20180121_134510_1.jpg









結果も大切なのかもしれませんが、それ以上に第一は健康を意識しながらの自分を見直すことが大切と言え、更に、応援する人、日頃からお世話なっている人に感謝の気持ちを持ちながら、皆、しっかりと走り切り、そして、仲間から仲間へとタスキを繋げることが出来たのかもしれません。









NEC_0689.jpg








さて、私、今回の駅伝大会では何故か初めてトップランナーに指名されることに。









ジョギングやマラソンは趣味とはしているものの、ただ、足の状態もいまいちで、何よりも昔から大の苦手な駅伝大会。









スタートに立った時点での緊張感はマックス状態となり、ピストルの音と同時に思わず反対方向に走り出しそうな気持ちとなってしまいましたが、重い体とそれ以上に重く感じたタスキを揺らして何とか終えることが出来まして、その日の打ち上げではしっかりとアルコールの補充が出来たのかもしれません。。











NEC_0690.jpg


















スポンサーサイト