2017/11/30

平成29年11月30日(木) 『振り返れば』

20171130 (2)







昨日は、松山市平井町『(仮称)平井の家Ⅱ』へ行ってきました。







この日は、あいにくの雨の降る天候でしたが、大工さんたちは建物のレベルや配置の基準となる丁張りの方を掛けました。








20171130 (3)







また、基準とする境界線からの空き寸法を確認し、平面的な矩(直角)を出しての基準出しを行ない、これから順に基礎工事が始まることとなるのでしょう。










20171130 (4)







そして、本日は松前町西古泉『身家不二の家』へ行きますと、大工の松本義くんのほか、大工さんたちにより補強金具の取り付けが行われていました。










20171130 (1)







また、屋根の上では、瓦職人の金岡さんにより淡路瓦葺きが行われており、全体の割付けを行ない、一枚、一枚と下から順に葺き上げられていました。








ちなみに、弊社の屋根下地の防水シートにはルーフラミテクトが使われているのですが、この防水シートの特徴として、雨水は通さないということはもちろんなのですが、室内から上昇する湿気を抜いてくれるという性能を持っています。







そのため、長い時が経ったとしても屋根下地材とルーフラミテクトとの間には湿気を溜め難くするということで屋根下地材が腐りにくく、家のためには重要な役割をもたらすこととなります。







見えなくなる箇所ではあるものの、しかし、だからこそこだわりを持つことによって、より長持ちのする住まいが出来上がっていくのかもしれません。








さて、11月も本日で終わりとなり、明日より12月となります。







振り返れば、何かと慌ただしかった一年と感じてしまうものの、もう12月、されどまだ12月ということで、更に、忙しい年末となる月を一日、一日としっかりと過ごしていき良き年迎えたいものです。







スポンサーサイト