2017/11/13

平成29年11月13日(月) 『いい関係』

20171113 (4)








本日は、松山市『刻む家』へ行ってきました。









20171113 (1)







こちらでは、耐力壁を作り上げるための筋交い入れが終わり、続いて要所を固定するための補強金具の取り付けが行われています。










20171113 (3)







昔の建物の筋交いでしたら大きな釘一本を打っての仕舞も今では金具の指定やビスの数までもが規定されており、それに伴い、インパクトドライバーが必需品となってきます。







一つの家造りを通すとその使い方においては様々で使用頻度においても高いと言えるのでしょう。







ただ、金具を使う、使わないはともかく、しっかりとした木組みを完成した後での“補強”の金具となるわけでしょうから、墨付け・刻みの施工段階には大切な木組みを作り上げていくということが大切と言えるのかもしれません。








さて、一昨日、昨日の二日間は、八幡浜市古町『古町の家』の完成見学会でした。







今回、私は残念ながら足を運ぶことが出来ませんでしたが、たくさんのお客様にお越しいただいたということで、誠にありがとうございました。







お施主様との出会いから2年以上の月日を迎え、しっかりと“形”となったお住まいではないでしょうか。







その間、見学会や各種イベントにもご参加され、築き上げられてきたその“形”は、これから先、お施主様の“暮らし”と共に、“時”を経ることによって、よりしっかりとした“形”へと築かれていくこととなるのでしょう。







そして、その建物の“形”だけではなく、敷地の中には緑があり、回りの景色があり、更に、お隣の人たちの暮らしも描かれてきます。







無理のなく、無駄のない計画によって、適度な大きさの建物を如何に大きく見せるか、感じさせるかによって、近隣の関係も住み心地も共に良くなってくるのかもしれません。







そして、『古町の家』ももうすぐするとお引き渡し。







いい関係の向こう三軒両隣り。







近隣を含めた確かな日々の“暮らし”が描かれていくこととなるのかもしれません。





























スポンサーサイト