2017/09/21

平成29年9月21日(木) 『基礎』

20170921 (1)







本日は、『レンタルスペース リビングギャラリー 和みの家』にて清水雄矢さんにより『ハタヨガ教室』が行われました。







いつもの如く、じっくり、じっくりと動かれるヨガは、見ているだけでもしんどいように感じます。







まさに、運動をするための基礎トレーニングのようにも感じられ、心身ともに鍛えられているかもしれません。







運動と言えば・・・。







先日、私は約7年ぶり?にバレーボールを行なってきました。







内子町で住んでいた頃、学生時代はバレーボール部に所属して活動し、社会人になっても週に何度かの定期練習に参加させていただいていたのですが、松山に住みだしてからというものの、7年前に久米小学校にて行われていましたチームの練習に4、5回は行ったものの、その後は特に忙しかった時期だったということもあり、バレーボールの練習の方には行けれなくなりました。







ただ、今回、ご縁もありまして、地域の行事ということでバレーボールの練習を行なうことに。







イメージは20代のままなのですが、体はさすが40代。







ボールが付いてきません、もとい、体が付いていきません。







おまけに、手が腫れ、腕が腫れ、腰が痛くなるという昔では考えられない状態に。







やはり、基礎トレーニングの大切さが大事だと改めて感じさせられたのでした。











20170921 (4)







さておき、本日は、松山市南江戸『南江戸の家』へ行ってきました。







こちらでは、大工の福嶋さんがキッチン前の収納家具を作成していました。










20170921 (3)








収納家具の方は高めに設定がされているのですが、そうすることで、たとえ突然にお客様が来られてリビングやダイニングにお通ししても、キッチンの手元やシンク部分などは見え難く出来ることとなります。







また、収納部においては高さが確保されることで容積が大きくなり物がたくさん入るようになり、また、収納上の天板にも物が置けるため、使い勝手の良いスペースとなるのかもしれません。











20170921 (2)









そして、大工の福嶋さんはスケールを使って寸法を計るだけではなく、高さを取る際は小さな定木を宛がい、間違いの無いよう正確な仕事を行なっていました。









また、寸法などは大切な数値基準なのですが、仕上がりと下地構成という“基本”から導き出した定木の存在は大工さんにとっては大切な基準を導き出す、“基礎”とも言え、しっかりと固め、使い分けることによって確かな“形”が生み出されることとなるのかもしれません。















スポンサーサイト