2019/02/11

平成31年2月11日(月) 『走り』

20190210 (1)








昨日は、『第57回 愛媛マラソン』が開催されました。









自然溢れる伊予路のコースを10歳代から80歳代という年齢層の幅広い1万人以上のランナーたちが駆け抜けるこの大会ですが、今年の天候は今までにも無かったような、絶好のコンディションだったのではないでしょうか。










20190210 (2)










また、昨年の夏の時期の抽選に私も申し込んではいたものの外れたということもあり、今回は、松山市夏目の沿道にて応援をさせていただきました。









行きは15キロ地点、帰りは30キロ地点手前となるこちらの場所。









特に、帰り際の30キロ地点は、フルマラソンでの“30キロの壁”と言われる程、走られるたいていの人たちが体の限界を感じさせられるだろう辛さ感じる地点。









その辺りで、今回はランナーの方々への応援をさせていただきました。








もちろん、走っていることに対しての応援ということも大切ですが、結果以上に、それぞれのランナーの方々が“業種”や“立場”の分け隔たり無く、それぞれの“思い”と“目標”を掲げて申し込まれ、“走る”ことでご自分との戦いに挑まれているわけですから、微々たることでも力になれればということで応援の方をさせていただきました。









まさしく、出場される人たちの力強い“思い”の込められた、“その走り、半端ないって”。









20190210 (3)








体が悲鳴を上げ始めることの多い、30キロ地点のランナーの方々の力添えになったかどうかは分かりませんが、今回は、このマラソンが市民マラソンとなって二番目に高い完走率となったようで、オレンジロードだけではなく、堀之内公園の会場の雰囲気も最高の盛り上がりとなったようにも感じさせられました。









20190210 (4)








そして、男子の優勝は、愛媛銀行の中村佳樹選手、女子の優勝は同じく愛媛銀行の大城優衣選手ということで、愛媛マラソンでの実業団では初のアベック優勝ということの偉業を達成されまして、誠におめでとうございます。








あと、私が初めて愛媛マラソンに出場させていただきました第52回の大会の際に初優勝されました愛媛銀行・井上正之選手におきましては残念ながら今回が最後の大会ということでしたが、井上選手らしく粘り強い走りにて4位入賞をされまして、誠におめでとうございます。








また、井上選手はご実家の家業を継がれるため、マラソンの引退と愛媛銀行の方を退社されることということで本当に残念ではありますが、ご実家の後継者ということでは致し方なく、今後の益々のご活躍をお祈りいたします。









そして今回、ご自分の限界を感じながら力強く走られた方々におきましては、大変、お疲れ様でした。









また今回、見事、完走された方々におきましては、本当におめでとうございます。








もちろん、今回、目標に達した方、達せなかった方とおられるかもしれませんが、各々の新たな“課題”と“目標”を見つけ克服することで、更なる“成長”へと繋がっていくのかもしれません。










スポンサーサイト
2019/02/08

平成31年2月8日(金) 『柵』

20190208_1.jpg







本日は、内子町にあるオーナー様宅にて雑誌の撮影が行われました。







“時”を経たお住まいということで、また雰囲気も色合いも良き味わいが出ており、不思議な感覚に包まれます。







そして、こちらのお住まいの片隅にある柵には・・・。








IMG_20190208_134839.jpg







愛らしい表情と鳴き声で接してくれるこちらのお住まいの愛犬・フクくん。








ちなみに、明日の2月9日がフクくんの誕生日らしく、また2(フ)・9(ク)に掛けた良きお名前。








ご家族の中にも“福”と“笑顔”をもたらす、良き存在となっているのかもしれません。









IMG_20190208_134854.jpg















2019/02/06

平成31年2月6日(水) 『息吹』

P2020806.jpg









先日は、二年ほど前にお引き渡しを行いました、松山市紅葉町『くつろぎの家』へ行ってきました。










IMG_20190201_083201.jpg











お施主様の“暮らし”のスタイルも落ちつきを見せ始め、この日は外部の手摺取り付け工事を行いました。










また、屋根の無い雨ざらしになる場所への取り付けということもあり、既製品ではあったものの、一方、内部の方の壁手摺りにおきましては自然素材に囲まれた内部空間の雰囲気を損なわない無垢の木製の手摺を取り付けることに。











P2020800.jpg









日々の暮らしから築き上げられる個々の“カタチ”は、住まわれ出してからも“住まい手”と“作り手”の関係によって再び、息吹が吹き込まれることとなって時と共に作り出されていくのかもしれません。









さて、話変わりまして、今週の日曜日に開催されます『第57回 愛媛マラソン』。








今のところ、天気も良さそうな感じで、気温の方もマラソンにはベストな感じのようです。








また、弊社の顧客様や業者関係の方など、たくさんの方々が走られるようで、中にはアスリート枠を狙われている方も。







もちろん、それぞれのランナーの方はそれぞれマラソンの経験も仕事内容も異なり、また、この日に向かってそれぞれの空き時間等を出来るだけ利用されながら精一杯、練習をされてきたわけですから、悔いの無いよう、かつ、楽しんで走ってきていただきたいと思います。








ただ、コースの中でも、私も過去、出場させていただいた際には苦戦させられました帰り際の「平田の坂」。








ゴールを意識し始める36km地点辺りでありながら急な登りとなる過酷な坂が現われてくるわけですが、ここを克服することで、ゴールへ向けての新たな“息吹”が吹き込まれることとなるのかもしれません。









P2049470.jpg











2019/02/05

平成31年2月5日(火) 『不揃い』

P1010878.jpg








本日は、内子町城廻・弊社木材加工場へ行ってきました。











P1010882.jpg








こちらでは、松山市古川西『つながる家』の刻み工事が行われています。











P1010880.jpg









渡り顎などの噛み合わせ部分があることによって高さ寸法が異なってくることがあり、そのため、差し付け部の高さ関係が異なって不揃いな墨付けとなる箇所が多いため、幾つもの定木を使っての一カ所、一カ所の墨付けが行われ、間違わないように刻み込まれていきます。










P1010879.jpg










また、刻む大工さんもしっかりと図面を確認し、墨付けから刻みまで何人かが関わっていくことによって、例え、間違いがあったとしても見つかり易くなるのかもしれません。









さて、この前の土曜日にはこちらの加工場横の休憩所において月に一回のたのもし(飲み会)があったわけですが、その際には、大工さんだけではなく、大工さんやスタッフの子供たちも集まりました。










また旧正月が近づいているということもあって、ペッタン、ペッタンとお餅付きが行われ、楽しい時間が過ぎ去っていきました。









不揃いに丸められたお餅たちですが、みんな美味しそうに頬張って楽しいお酒の“友”となったのかもしれません。











P1010883.jpg











2019/02/04

平成31年2月4日(月) 『物語』

IMG_20190201_071405.jpg










日々の暮らしの中で薪ストーブを使っていくにあたりメンテナンスは重要で、灰の処理も行う必要があります。









ただ、ゴミとして出てきた灰ではありますが、畑に撒けば土がアルカリ性となり、良いことも。










IMG_20190201_071354.jpg









伐採という『環境』に対しての配慮に始まり、そして、『住』に対しては“暖”の役割、また、土へと還り、“食”へと繋がる。










一つの物語ですね。












さて、昨日は、節分ということで、恵方巻やイワシを召し上がったお住まいも多かったのではないでしょうか。









また、我が家でもいただきましたが、節分の時期は毎年寒い日が多かったようにも感じましたが、今年の節分の日はそんなに寒くもなく、雨も降ってしまい、家の中だけでの豆まきとなりました。









そして、今年も。










2019020300.jpg









当然のように私に鬼の役目がやってきてしまい、甚振られ役です。









ただ、今年は多めのお酒が入った鬼だったこともあり、しぶとく暴れた鬼の物語となったのでした♪